Mississippi Regional Centre
スタークビル・コートヤード・マリオット

qls_image1

marriot

今回当社がご紹介する地域プロジェクトは世界でも屈指のホテルチェーンであるマリオットホテルのミシシッピー州スタークビル市における建設プロジェクトです。

プロジェクトの概要

ミシシッピー地域センター(Mississippi Regional Centre)
スタークビル・コートヤード・マリオット

ミシシッピー地域センターが、ミシシッピー州立大学(MSU)の所有地内に、客室数110を有するマリオットホテルを建設します。当ホテルは コンフェレンスセンター、オフィスビルディング、レストラン等敷地内に含む“Cooley Centre Project”という開発プロジェクトの一部として、ミシシッピー大学に付近に建設されます。

  • 投資家一名につき10名以上の直接、間接の雇用を創出できれば投資後2年以内に50%を返金され、その後3年以内(つまり、投資から5年以内)に残りの50%が返金される計画です。
  • 合計40名以内の投資家がこのプロジェクトへ参加の承認を受け、2年以内に条件なしのグリーンカードを取得する計画です。
  • スタークビル市は、コロンバス市やウェストポイント市を含むミシシッピー州で最も急速に成長している地域の一つである“ゴールデントライアングル”に位置する人口約2.2万人の大学都市です。2000年から2009年までに10.5%人口が増加しています。
  • ミシシッピー州立大学は、学生数20,424人、4,300人のスタッフを抱えるミシシッピー州最大の大学であり、スタークビル市における最大の雇用吸収先となっています。
  • ミシシッピー州立大学はスポーツが盛んで、スポーツイベントの有料参加者は毎年67.5万人に上ります。3つの主要スタジアムは多大な集客力を誇り、特にDavis Wade Stadiumは5.5万席以上を有し、50の企業ボックス席を有しています。いずれのスタジアムも今回のプロジェクトであるマリオットホテルから至近距離にあります。
  • スタジアムでは年間を通じてコンサートやトレードショーの開催、バスケットボール、ベースボール、フットボール、SECやNCAAのトーナメントなどのスポーツイベントを行っており、ホテルの宿泊レートも高めの設定が可能となります。
  • スタークビル市では現在約800のホテル客室、85を超えるレストラン、130以上のショップ、30以上の会議室がありますが、地域、国レベルのセールスチームを有するホテルチェーンはまだ進出しておらず、マリオットホテルがその先鋒をきることになります。

お問い合わせ

本プログラムについてご興味のある方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。