セルフアセスメントで67点を超えているようだが必ず永住権を取得できると考えてよいか。

自己査定によるポイントとオフィサーが最終的に判断するポイントは必ずしも一致するとは限りません。つまり、選考基準を正しく理解していなかったり、ポイントの根拠となる証拠が不十分な場合はオフィサーによって最終的にポイントを下げられる可能性があります。また、ポイントアセスメントが申請者の経済的自立能力を正しく反映していないと判断されると、67点以上であっても永住権を許可されない場合があります。(移民法規則第76条)