誤用されることの多いビザ関連の用語

今月は間違えて理解されていたり、誤用されることの多いビザ関連の用語について取り上げます。今後は正しく理解して使うようにしましょう。

ビジタービザとビジターステイタス

ビザ関連で最もよく混同されて使われているのはこの二つの用語だろう。ビジタービザというのは、Temporary Resident Visaというカナダに入国するために必要な査証の別称で、日本はビザ免除国なので“ビジタービザ”を申請・延長する必要はない。CICのコールセンターに“ビジタービザ”延長について尋ねた場合、エージェントはTemporary Resident Visaのことだと理解して、話が全く通じなくなる可能性があるので注意が必要だ。日本人が延長申請しなくてはいけないのは“ビジタービザ”ではなく“ビジターステイタス”であり、“Visitor Record”と表示された一時滞在許可証である。

国内申請と国外申請

“Applying for a study permit outside Canada”などと言われるとカナダ国外に居る人のための申請方法と理解されがちである。現在カナダ国内にいる場合は、一旦日本に帰国してから申請しなくてはいけないなどと誤解する人も出てくるだろう。しかしながら、ここでは申請者がどこから申請するかは問題ではなく、CICは審査オフィスがカナダ国内なのか国外なのかよって“Inside”と“Outside”を使い分けている。もっとも、以前一年以上のステータスを持つカナダ在住者がファミリークラス(スポンサーシップ)を“国外申請”するとUSバッファローで審査されていたが、業務がオタワに移管された後もなお“国外申請”という言葉が使われているので混乱を助長させる原因となっている。

アウト・オブ・ステイタス

カナダ国内滞在者がステイタスを失うと、その失効日から90日以内であればステイタス回復を申請することができる。ではステイタス回復の申請結果を待つ間のステイタスは何になるのか。この期間は“アウト・オブ・ステイタス”と呼ばれ、文字どおり中途半端な状態に置かれることになる。就学や就労ができないのはもちろんであるが、ビジターステイタスでもないため不法滞在ではないかと誤解する人もいるようだ。移民法ルールをよく知らない警察官から尋問を受け、ステイタスがないために不法滞在者に対するようなひどい扱いを受けた人の話を聞いたことがある。この間はひたすら大人しくしているのが無難なようだ。