Express Entry 開始一年後の総括

今回は先日カナダ移民・難民・市民権省(IRCC)から発表されたExpress Entry開始1年後の総括と今後の改定の方向性について取り上げます。

2015年1月より導入されたExpress Entryの主要な目的は、1)申請書受付数のコントロール、2)労働市場、各州ニーズへの迅速な対応、3)プロセスタイムの短縮である。昨年1年間に発行された移民申請の招待(ITA)の数は、旧システムの未審査ファイル数を考慮して抑えられ、31000にとどまった。また。2015年の上半期にはLabour Market Impact Assessment(LMIA)を取得したカナダ経験クラスからの申請者を優先した選定(Draw)が行われ、飲食業界からの申請者に対して多数のITAが発行された。さらに、このシステムからの申請者の80%が6カ月以内に審査を終了していることからも、ある程度政府側の思惑通りの結果になったといえる。しかしながら、一方ではカナダ弁護士協会、高等教育機関、産業界からはExpress Entryについての様々な問題点が指摘されており、IRCC大臣は早急な対応を迫られている。

まず、オンライン申請システムに対する信頼性の回復は急務である。頻繁なシステムダウン、予告なしのメンテナンスによって申請のデッドラインを逸してしまったり、入力内容が消えてしまって再度作業をさせられるといったフラストレーションの声が上がっている。また、追加ドキュメントを送っても担当オフィサーに届かず、そのまま申請を却下されたという事例も報告されている。

次に、Express Entryによって不利な状況に置かれている2つのグループ、つまり、留学生とLMIAを免除された外国人就労者の救済も急がれる。留学生の場合、ITAを発行されるレベルのスコアを取得するためにはLMIAがほぼ必須だ。しかしながら留学生が卒業後すぐにその職種の平均賃金をオファーされ、リクルート活動によってカナダ人の中に適任者が存在しないことを証明することなど不可能に近い。また、NAFTAや企業駐在員(シニアエグゼクティブやスペシャリスト)などLMIAを免除された外国人就労者も、同様に永住権申請用にLMIAを取得しない限りITAを発行される可能性は今のところ低い。たとえ企業にとっては欠かせない人材で恒久雇用したい場合でも、あの煩わしいLMIAのプロセスに時間を使うことを考えると躊躇せざるを得ないだろう。

IRCCは留学生に対しては追加ポイント与えること、LMIAの適用については再検討するとしているが、対応が遅れると、有能でカナダ経済に寄与すると期待される人材を次々に祖国に帰してしまうことになるので、迅速な対応が望まれる。また、オンラインシステムの脆弱性については早急な対応が期待されるとともに、技術的な問題が発覚した場合は、タイムリーにFAQがアップデートされるように努力して欲しいものだ。