ケアギバークラス

qls_image27

2014年11月30日より従来の住込みナニー(Live-in Caregiver)プログラムが改定となり、住込みは必須でなくなるとともに、幼児を在宅で世話するパス(Caring for Children Pathway)と、老人や障害者、慢性病を患う人を家や施設で介護するパス(Caring for People with High Medical Needs Pathway)の二つのパスが設けられました。それぞれ所定の申請要件を満たすことで永住権を申請できるようになります。

また、従来のリブインケアギバープログラム(LCP)の下で既に就労を開始している人は引き続きLCPの申請要件を満たすことで永住権を申請することができます。

Caring for Children Pathwayからの申請要件

  • 申請時から遡って4年間のうち少なくとも2年以上、在宅のチャイルドケアワーカーとしてカナダでフルタイムの就労経験を有すること
  • 自宅もしくは雇用主の家で18歳未満の子供の世話をしていたこと
  • Canadian Language Benchmarkでレベル5以上のスコアを取得していること
  • カナダまたはカナダ国外で高校卒業後の1年以上のディプロマプログラムを修了していること

Caring for People with High Medical Needs Pathwayからの申請要件

  • 申請時から遡って4年間のうち少なくとも2年以上、以下の職種のいずれかでカナダでのフルタイムの就労経験を有すること

Registered nurses and registered psychiatric nurses (NOC 3012)
Licensed practical nurses (NOC 3233)
Nurse aides, orderlies and patient service associates (NOC 3413)
Home support workers and related occupations (NOC 4412)

  • Canadian Language Benchmarkで所定のスコアを取得していること(NOC3012の職種は全スキルにおいてCLB7以上、その他の職種はCLB5以上)
  • カナダまたはカナダ国外で高校卒業後の1年以上のディプロマプログラムを修了していること

Live-in Caregiver Programからの申請要件

  • Live-in Caregiver Programの就労ビザを取得後、4年間のうち少なくとも2年以上、または、22カ月以上の期間にわたって合計3900時間以上、カナダでフルタイムの就労経験を有すること

カナダ永住権申請後にケアギバークラスとしてのステータスを認められた後は、オープンワークパーミットを申請することができます。その後永住権取得までの間及び永住権取得後はケアギバー以外の職業に就くことも可能です。

無料アセスメント

QLSeekerでは、ケアギバークラスからカナダ永住権取得を希望される方へ無料アセスメントを提供しております。

無料アセスメントについてはこちらをクリックしてください。