住込みナニー留学移民プログラム

qls_image27

日本を含めた多くの先進諸国同様に、カナダも急速に進む高齢化の波にさらされています。カナダはこれに対処するために移民政策を通じて高齢社会が必要としている外国人の住込みナニー(Live-in Caregiver)を積極的に受け入れています。幼児のみならず、老人、障害者対するパーソナルケアワーカーに対する需要は今後もますます高まると予想されます。とりわけ、カナダ最大、北米全体でも第4位にランクインしているここトロントでは、このトレンドが以前にもまして顕著になってきています。QLSEEKERでは、このトレンドを受けて、住込みナニーを養成する職業訓練校と提携することにより、比較的低コストで実現可能なカナダ永住権取得へのパスを提供しています。

QLSEEKERが提供する3ステップアプローチ

ステップ 1 : 住込みナニ-養成コース参加

logo

ESLを経てカナダのカレッジや大学に留学する場合にかかるコストは決して安いとは言えません。また、卒業するまでにかかる2年から4年という時間の長さも同様に決して短いとは言えません。住込みナニー養成コースは、通常約6ヶ月で修了するだけでなく、コースの中にインターンシップが組み込まれているため、努力次第で雇用主を卒業前に見つけられる可能性が高くなります。この養成コースにかかる費用は、7,000 カナダドル前後と他のオプションとは比較ならない低コストなソルーションとして人気が高まっています。

ステップ 2 : LMO & 就労ビザの申請

lcg1インターンシップを通じて雇用主が見つかれば、卒業とほぼ同時にLMOを申請して、就労ビザ取得へとコマを進めることができます。当社では学校、雇用主との密接な連携を通じて、最も確実、迅速に住込みナニーとしての就労ビザを取得できるようにサポートします。

ステップ 3 : 2年後にカナダ永住権申請開始

lcg2
就労ビザを取得してから2年間住込みナニーとして働くことで永住権の申請資格が与えられます。当社ではその間の就労状況をモニターし、永住権申請を速やかに進められるようサポートいたします。

無料アセスメント

QLSeekerでは、住み込みナニー留学移民プログラムを希望される方、あるいは既に雇用先を確保された方の就労ビザ、永住権取得に向けて無料アセスメントサービスを提供しております。無料アセスメントをご希望の方はこちらよりご連絡ください。