ケベック移民プログラム(QSW,PEQ)

qls_image22

ケベック州は連邦政府とは別の独自の移民プログラムを持ち、州の経済に貢献するスキルワーカーを選定しています。申請に当たってはケベック州への移住意思を示すことを求められますが、永住権取得後必ずしも他州へ移住できなくなるわけではなく、カナダの憲法の下でその自由を保証されています。住民の80%以上がフランス語を第一言語としているため、ケベック州で就労、快適に生活していくには一定のフランス語力を身につけることが必須といえます。

当社では、ケベック州への留学からスタートして、移民申請資格を満たし、最終的に永住権を取得するまでのトータルサポートを行っております。ご興味のある方は、現在提供しております 4 ステップアプローチ をご検討ください。

カナダ永住権取得のステップ

ケベック州移民プログラムでは、以下の2段階のステップを経てカナダ永住権を取得します。

  • ケベック移民局に申請書を提出し、Certificate of Selection(CSQ)を取得する。
  • CSQを取得後、連邦政府のイミグレーションオフィスにカナダ永住権を申請する。

CSQを取得するためのルートは2つあります。ポイント制に基づくケベックスキルワーカークラス(QSW)と、一定の要件を満たしているかどうかでその合否が決まるケベック経験クラス(PEQ)です。

ケベックスキルワーカー(QSW)

書類審査を通じて以下の9つの指標により審査されます。独身者は49ポイント以上、配偶者を持つ申請者は57ポイント以上取得する必要があります。35歳を過ぎると年齢ポイントが漸減していくため、35歳以下の申請者にお勧めするプログラムです。

  • 教育、トレーニング(上限30点)
  • 有効なジョブオファー(上限10点)
  • 職務経験(上限8点)
  • 年齢(上限16点)
  • 語学力(上限22点)
  • ケベック滞在歴(上限8点)
  • 配偶者によるポイント(上限17点)
  • 経済力(1点)
  • 子供の有無(上限8点)

ケベック経験クラス(PEQ)

ケベック州には連邦政府のカナダ経験クラス(CEC)に相当するプログラムとしてケベック州に居住する外国人就労者、留学生を対象としたプログラムがあります。就労者、留学生の各カテゴリーの申請要件は以下の通りです。

外国人就労者

  • 18歳以上であること
  • 現在就労ビザやワーキングホリデービザなど就労者として合法的なステータスを保有し、ケベック州に在住していること
  • 申請から遡って2年間のうち少なくとも1年以上、スキルワーカーとしてフルタイムの職務経験を有していること
  • Advanced Intermediate(中級の上レベル)のフランス語力を有していること

留学生

  • 18歳以上であり、卒業後ケベック州で就職、定住する意思があること
  • PEQの要件を満たすケベック州のディプロマを取得済み、または、6カ月以内にプログラムを修了見込みであること
  • Advanced Intermediate(中級の上レベル)のフランス語力を有していること

無料アセスメント

当社コンサルタントは、2013年1月現在ケベック州の移民プログラムを取り扱うためのライセンスを有する唯一の日本人の移民コンサルタントです。ケベックスキルワーカークラス、ケベック経験クラスからカナダ永住権取得を希望される方へ無料アセスメントを提供しております。お申込みの方はこちらをクリックしてください。