電子渡航認証(eTA)の導入について

2016年3月15日以降カナダ入国の際に義務付けられる電子渡航認証(eTA)についてQ&A形式で解説します。

Q:電子渡航認証(eTA)とは何ですか。

A:カナダ入国の際にビザを免除されている国の国籍を持つ渡航者(米国市民を除く)が、空路でカナダに渡航、またはカナダを経由する際に必要となる新しい入国要件です。米国で既に導入されている電子渡航認証システム(ESTA)に倣う形で、渡航前に外国人のセキュリティーチェックを行うために導入されることになりました。

QeTAが必要となる対象者について教えてください。

A:日本国籍者はこの“ビザが免除されている国”に該当しますので、カナダ永住権を保有していない限りカナダ渡航前にeTAを取得することが必要となります。また、子どもを含む全ての年齢の外国人が対象になります。

QeTAはいつから必要になりますか。

A:2016年3月15日以降はカナダ行きの飛行機に搭乗する際、またはカナダで飛行機を乗り換えて他国に向かう場合は、事前にeTAを取得しておくことが義務付けられます。しかしながら、eTA申請受付は2015年8月1日より既に開始されており、事前に入国のためのスクリーニングを済ませることで入国審査が効率よく行われるため、2016年3月15日より前の渡航であってもeTAを申請しておくことが推奨されています。

QeTAに有効期限はありますか。

A:一度発行されれば5年間またはパスポートの有効期限まで有効です。

Q:米国から車で国境を越えてカナダに入国する際も必要になりますか。

A:いいえ、陸路または船でカナダに渡航する場合は必要ありません。

Q:eTAの申請はどのように行いますか。

A:申請はオンラインのみとなっており、カナダ市民権・移民省(CIC)の当該ページで手続きを行うことができます。

申請の際にはパスポートとクレジットカード、Eメールアドレスが必要となります。発行手数料は7カナダドルです。オンライン申請フォームにパスポート情報を入力し、バックグラウンドに関する簡単な質問に回答します。

QeTA発行までどれくらいかかりますか。

A:通常は申請後数分で手続きが完了し、コンファメーションのEメールが自動的に送られてきます。承認されたeTAは申請の際に使われたパスポート情報に電子的にリンクされるので、コンファメーションを印刷する必要はありません。コンファメーションのEメールを受け取った後は、オンラインでeTAのステータスを確認することができます。

Q:コンファメーションのEメールがすぐに送られてこない場合はどうしたらよいですか。

A:手続きに時間を要するケースもありますが、72時間以内にはEメールを受け取れ、その後のステップを通知されます。72時間を経過してもEメールが届かない場合は、CICのウェブサイトからCase Specific Enquiry Formを使って問い合わせをしなくてはなりません。

Q:追加書類を求められた場合はどうしたらよいですか。

A:CICのウェブサイトでMy CICのアカウントを作成し追加書類をアップロードして送付します。

Q:eTA取得が義務化された後に、eTAを取得せずに空港に到着した場合、空港でeTAを申請・取得する方法はありますか。

A:インターネットにアクセスできるデバイス(携帯電話など)があれば、直前でもeTAの申請は可能です。

Q:就学許可証や就労許可証をカナダ国内で延長する場合、eTAも申請する必要はありますか。

A:2016年3月15日より前にカナダを出国、再入国する場合は不要です。3月15日、およびそれ以降にカナダを出国、再入国する場合はeTAが必要です。ただし、2015年8月1日以降に就学許可証、就労許可証が承認されている場合は、自動的にeTAの申請は完了しているため、新たなeTA申請は不要です。eTAが有効かどうかは念のためオンラインで確認してください。