新しい移民申請管理システム Express Entry(EE)

2015年1月からカナダイミグレーションの新しい移民申請管理システムとして、Express Entry(EE)が導入されました。これによって従来のように申請基準を満たした申請者を“先着順”に審査するのではなく、申請者を一旦プールしてランク付けし、カナダでより経済的成功を収めると判断される候補者を選定し、優先的に永住権が発行されるシステムに変わりました。申請書は電子化され、以下2段階のステップを経て永住権が発行されます。

Express Entry Step Chart

ステップ1

カナダ移民申請希望者はスキル、職歴、学歴、言語能力、その他の特性を記入したEEプロファイルをオンラインで提出します。この段階で申請者は連邦スキルワーカークラス(FSW)、連邦スキルトレードプログラム(FSTP)、カナダ経験クラス(CEC)のうち少なくとも1つのクラスの申請要件を満たしている必要があります。

カナダの雇用主からのジョブオファーや州政府からの指名を取得していない申請者はジョブバンク(カナダ政府のリクルートメントサイト)に登録することが必要となり、雇用主とのマッチング機能を使ってジョブオファー取得のチャンスを探ります。但し、その他の手段によって雇用主を独自に探すことに制限はありません。

カナダ政府は独自のランキングシステムによって各候補者にスコアを付与し、候補者グループ(Express Entry Pool)内での位置づけを決定します。

登録されたEEプロフィールは1年間有効で、その間にスコアに影響するような変更があった場合はプロフィールをアップデートすることができます。

ステップ2

カナダ政府は以下のいずれかに該当する候補者に Invitation to Apply(ITA)を発行します。

  • Labour Market Impact Assessment(LMIA) を経て承認されたジョブオファー取得者
  • 州政府のCertificate取得者
  • スキル、職歴、学歴、言語能力をベースとしたランキングシステムにおいて高スコア取得者

ITAを取得した候補者は連邦スキルワーカークラス(FSW)、連邦スキルトレードプログラム(FSTP)、カナダ経験クラス(CEC)、州指名プログラム(PNP) のいずれかから60日以内に永住権を申請します。CICはこの申請書受付から半年以内に審査を完了することを目標としています。