カナダ政府がGlobal Skills Strategyを発表

革新的な企業が高度なスキルを持つグローバル人材を迅速に採用できるように、カナダ政府は外国人雇用の新しいストリーム、Global Talent Streamを発足しました。同時に、短期間のアサインメントや、リサーチプロジェクトのために渡加するハイスキルワーカーの就労ビザ免除が発表されました。以下はその概要です。

  • Global Talent Streamの要件を満たす企業は事前のリクルート活動が免除され、Employment and Social Development Canada (ESDC)の優先審査を受けられる。(プロセスタイムは10日間)
  • Global Talent Streamで承認された企業に雇用される外国人及び、International Mobility Program(IMP)を通してNOCのスキルレベル0またはA職種のポジションで採用される外国人は、2週間でワークパーミット審査が完了する。これは同伴家族にも適用される。
  • NOCの0及びA職種の外国人就労者は、6カ月につき1回、15日間、12か月につき1回、30日間、就労ビザなしで就労が可能になる。
  • 公立の教育機関とその関連研究機関におけるリサーチプロジェクトに参加するリサーチャーは、12か月につき1回、120日間、就労ビザなしで就労が認められる。

ソース:https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/news/2017/06/government_of_canadalaunchestheglobalskillsstrategy.html