タグ別アーカイブ: カナダ移民政策

カナダイミグレーションに差別はないのか

今月は成功例として取り上げられることの多いカナダ移民政策のあまり知られていない一面についてとりあげます。

イスラム教徒の入国やシリア難民受け入れを制限しようとする米国新政権の姿勢とは対照的に、カナダの移民・難民の受け入れに寛大な国としてのイメージはますます強くなっている。しかしながら、カナダは露骨には出さないものの移民・難民を出身国や宗教によって巧みに操作・選別する一面も持っている。昨今カナダの移民政策を称賛する声が多い中、今回はカナダイミグレーションの差別的側面にスポットを当ててみたい。

カナダの強みは多様性にあり、ある一つのグループが極端に大きくなる前にそれを抑制しようとする力が働く。2000年代は中国からの移民が全盛期で、移民プログラムの各カテゴリーで移民者数トップの地位を独占した。そのため、連邦政府はスキルワーカー移民の語学力のバーを高くし、中国人が大半を占める連邦投資移民プログラムを廃止した。その結果、現在では中国からの移民者数はインド、フィリピンの後塵を拝している。また、ケベック州投資家プログラムは今でもあからさまに“中国出身者枠”を設け、その数をコントロールしている。

前ハーパー政権時代はシリア難民の受け入れが少なすぎるとしてカナダはUNからも非難されていたが、当時はシリアの少数派であるキリスト教徒だけを選別して受け入れていた。現政権になってからもセキューリティーリスクが低いと考えられる女性、子供、ファミリー、LGBTを優先し、独身男性は後回しにされた。

昨年行われた某スキルワーカーのオンライン申請は、受付開始と同時に申請者が殺到し即日クローズとなったが、政府サイトへアクセスすらできなかった者が多数にのぼった。政府はアクセス可能なIPアドレスをコントロール、つまり、フランス語圏からのアクセスを容易にしていたという噂がまことしやかに流れた。ところが、それを逆手にとってIPアドレスを操作するアプリケーションを使ってフランス語圏からアクセスしているように見せかけるやり方で無事申請できたという噂も耳にした。

日本は現在国内にビザオフィスがなく、地理的にも遠いフィリピンなどと同じグループにされてビザ申請手続きやプロセスタイムの点で不当に不利な立場に置かれていると感じることもあったが、結局カナダには“来てほしい”人を選別する権利があるという事実を受け入れざるをえない。称賛されるカナダ移民政策であるが、選別と差別が背中合わせの関係にある事実を認識し、政府にはこれを世界に誇大広告することがないよう願いたい。

新政権下でカナダ移民政策は どう変わる!?

今月は自由党政権の掲げるカナダ移民政策について取り上げます。

カナダ連邦政府の移民・難民・市民権大臣に ジョン・マッカラム氏が就任した。マッカラム氏は 政治家になる前は複数の大学で経済学の教授を 務め、ロイヤルバンク・オブ・カナダ(RBC)のチー フエコノミストだった。住民の約 60%を中国系が 占めるマーカム・ユニオンビル選挙区の議員となっ てからは、同性婚の法制化に貢献。防衛省大臣 として過去に負傷した軍人への補償を拡大するな ど、人道主義的な政策に力を入れてきた。経済重 視一辺倒だった前政権に対する反動とマッカラム 氏の個人的信念が合致し、今後は難民問題やファ ミリークラスにフォーカスすると予想される。

マッカラム大臣の最優先事項は、選挙公約に掲 げた年内 25,000 人(その後の修正で年内 10,000 人、来年2月末までに 15,000 人)のシリア難民受 け入れ実現である。パリの同時多発テロ事件にお ける実行犯が難民に紛れて欧州入りした疑いが浮 上していることから、セキュリティの重要性が再認 識されている。政府は女性、子ども、家族を優先し、 独身男性の受け入れを当面見送るとしているが、そ れでも 25,000 人の安全チェックをたった数か月で行なうにはかなりのリソースが割かれることになるだろう。前保守党政権は、シリア国内でマイノリ ティであるキリスト教徒を優先的に受け入れる政 策を取っていたとされ、当時国会で非難されたが、 ある意味では理にかなっていたのかもしれない。

家族重視も自由党の掲げる政策の柱となってい る。ファミリークラスのプロセスタイム短縮、親・ 祖父母の受入れ数を倍増、Express   Entry(EE)に おいてカナダに兄弟姉妹を持つ申請者のポイント を追加加算、同伴できる子どもの年齢の再度引き 上げ、配偶者・パートナーの永住権取得後2年間 の同居要件撤廃などが優先実施事項として挙げ られている。しかしながら、プロセスタイムの削減 以外の政策は、国益を考えた場合に今ひとつ首を 傾げざるをえない。移民政策が再び政治の道具と して使われることがないように注視すべきだろう。

新政権は経済移民クラスについては多くを語 らない。不透明と批判される  EE  システム、オフィ サーの裁量権濫用が野放しとなっている Labor Market Impact Assessment、留学 生の移民への 道が容易でない現状などにも、もう少し目を向け て欲しい。また前保守政権が作り出した移民申請 資格を満たすための数々の障壁について、その正当性が改めて評価されることを期待したい。