タグ別アーカイブ: カナダ移民

Express Entry 開始一年後の総括

今回は先日カナダ移民・難民・市民権省(IRCC)から発表されたExpress Entry開始1年後の総括と今後の改定の方向性について取り上げます。

2015年1月より導入されたExpress Entryの主要な目的は、1)申請書受付数のコントロール、2)労働市場、各州ニーズへの迅速な対応、3)プロセスタイムの短縮である。昨年1年間に発行された移民申請の招待(ITA)の数は、旧システムの未審査ファイル数を考慮して抑えられ、31000にとどまった。また。2015年の上半期にはLabour Market Impact Assessment(LMIA)を取得したカナダ経験クラスからの申請者を優先した選定(Draw)が行われ、飲食業界からの申請者に対して多数のITAが発行された。さらに、このシステムからの申請者の80%が6カ月以内に審査を終了していることからも、ある程度政府側の思惑通りの結果になったといえる。しかしながら、一方ではカナダ弁護士協会、高等教育機関、産業界からはExpress Entryについての様々な問題点が指摘されており、IRCC大臣は早急な対応を迫られている。

まず、オンライン申請システムに対する信頼性の回復は急務である。頻繁なシステムダウン、予告なしのメンテナンスによって申請のデッドラインを逸してしまったり、入力内容が消えてしまって再度作業をさせられるといったフラストレーションの声が上がっている。また、追加ドキュメントを送っても担当オフィサーに届かず、そのまま申請を却下されたという事例も報告されている。

次に、Express Entryによって不利な状況に置かれている2つのグループ、つまり、留学生とLMIAを免除された外国人就労者の救済も急がれる。留学生の場合、ITAを発行されるレベルのスコアを取得するためにはLMIAがほぼ必須だ。しかしながら留学生が卒業後すぐにその職種の平均賃金をオファーされ、リクルート活動によってカナダ人の中に適任者が存在しないことを証明することなど不可能に近い。また、NAFTAや企業駐在員(シニアエグゼクティブやスペシャリスト)などLMIAを免除された外国人就労者も、同様に永住権申請用にLMIAを取得しない限りITAを発行される可能性は今のところ低い。たとえ企業にとっては欠かせない人材で恒久雇用したい場合でも、あの煩わしいLMIAのプロセスに時間を使うことを考えると躊躇せざるを得ないだろう。

IRCCは留学生に対しては追加ポイント与えること、LMIAの適用については再検討するとしているが、対応が遅れると、有能でカナダ経済に寄与すると期待される人材を次々に祖国に帰してしまうことになるので、迅速な対応が望まれる。また、オンラインシステムの脆弱性については早急な対応が期待されるとともに、技術的な問題が発覚した場合は、タイムリーにFAQがアップデートされるように努力して欲しいものだ。

2016年5月 東京・大阪・福岡・那覇 個別面談会のお知らせ

2016年第2回目の個別面談会を下記要領で開催いたします。人数が限られていますので、ご興味のある方は早めにお申込みください。

Express Entry(EE)が始まったことによって、連邦政府のプログラムによるカナダ移民への道は一層険しくなっています。連邦スキルワーカーやカナダ経験クラスの申請要件を満たしただけでは政府からの移民申請の招待を得ることが難しく、EEのポイントシステムで高得点を取得するためには、カナダ雇用主からのジョブオファーがLabour Market Impact Assessment (LMIA)によってポジティブな評価を受けるか、州指名プログラム(PNP)のCertificateを取得しなければなりません。

こうした中でケベック州は、連邦政府のExpress Entryシステムを採用しておらず、ケベック州に留学中の学生に対してのみ引き続きカナダ永住権取得のパスをオープンにしています。ケベック州に留学し指定の職業訓練校プログラムと一定レベルのフランス語コースを修了するだけでカナダ永住権取得が可能になる極めてユニークなケベック留学移民プログラムは引き続き注目を集めています。

また、ケベック州以外でもExpress Entryを使わない様々な留学生向けの州指名プログラム(PNP)が開発されています。弊社ではこのうち1年間の就学と半年の就労で申請要件を満たすことが可能なサスカチュワン州のPNPを移民へのもう一つのパスとしてご紹介しております。

これらのプログラムを通じてカナダ永住権を取得されたいとお考えの方は、是非この機会に一度お会いしてアドバイスをさせて頂ければと思っております。

また、親子留学をはじめとする、その他のカナダ留学・移住をお考えのお客様のご相談も承っております。

テーマ: ケベック州移民プログラムサスカチュワン州PNP、その他のカナダへの留学・移住
日程: 2016年5月15日(日)、22日(日)、6月4日(土)
時間: 5月15日(日)10:00 am – 5:00 pm(大阪)
5月22日(日)10:00 am – 5:00 pm(福岡)
5月24日(火)10:00 am – 5:00 pm(那覇)
6月4日(土)10:00 am – 5:00 pm(東京)
会場: ハイアットリージェンシー大阪・福岡・那覇/新宿京王プラザホテル
内容: 1)隠れたケベック州からの移民方法
2)サスカチュワン州の留学生向けPNP
3)その他のカナダ留学・移住に関するご相談
参加資格: ケベック州移民プログラム、サスカチュワン州PNP、その他カナダ留学・移住に関心のある方
費用: お一人様100カナダドル(クレジットカードで決済後に予約確定。ご夫婦または親子でご参加の場合はお一人50ドルの追加料金がかかります。)
定員: 各都市で先着5組様
移民コンサルタント: カナダ連邦政府/ケベック州政府公認コンサルタント
亀谷裕行(ICCRC:#R507834)(ケベック州:#11489)

個別面談会参加をご希望される方はこちらをクリックしてください。

定員に達したため締め切らせて頂きました。次回は8月を予定しております。

新政権下でカナダ移民政策は どう変わる!?

今月は自由党政権の掲げるカナダ移民政策について取り上げます。

カナダ連邦政府の移民・難民・市民権大臣に ジョン・マッカラム氏が就任した。マッカラム氏は 政治家になる前は複数の大学で経済学の教授を 務め、ロイヤルバンク・オブ・カナダ(RBC)のチー フエコノミストだった。住民の約 60%を中国系が 占めるマーカム・ユニオンビル選挙区の議員となっ てからは、同性婚の法制化に貢献。防衛省大臣 として過去に負傷した軍人への補償を拡大するな ど、人道主義的な政策に力を入れてきた。経済重 視一辺倒だった前政権に対する反動とマッカラム 氏の個人的信念が合致し、今後は難民問題やファ ミリークラスにフォーカスすると予想される。

マッカラム大臣の最優先事項は、選挙公約に掲 げた年内 25,000 人(その後の修正で年内 10,000 人、来年2月末までに 15,000 人)のシリア難民受 け入れ実現である。パリの同時多発テロ事件にお ける実行犯が難民に紛れて欧州入りした疑いが浮 上していることから、セキュリティの重要性が再認 識されている。政府は女性、子ども、家族を優先し、 独身男性の受け入れを当面見送るとしているが、そ れでも 25,000 人の安全チェックをたった数か月で行なうにはかなりのリソースが割かれることになるだろう。前保守党政権は、シリア国内でマイノリ ティであるキリスト教徒を優先的に受け入れる政 策を取っていたとされ、当時国会で非難されたが、 ある意味では理にかなっていたのかもしれない。

家族重視も自由党の掲げる政策の柱となってい る。ファミリークラスのプロセスタイム短縮、親・ 祖父母の受入れ数を倍増、Express   Entry(EE)に おいてカナダに兄弟姉妹を持つ申請者のポイント を追加加算、同伴できる子どもの年齢の再度引き 上げ、配偶者・パートナーの永住権取得後2年間 の同居要件撤廃などが優先実施事項として挙げ られている。しかしながら、プロセスタイムの削減 以外の政策は、国益を考えた場合に今ひとつ首を 傾げざるをえない。移民政策が再び政治の道具と して使われることがないように注視すべきだろう。

新政権は経済移民クラスについては多くを語 らない。不透明と批判される  EE  システム、オフィ サーの裁量権濫用が野放しとなっている Labor Market Impact Assessment、留学 生の移民への 道が容易でない現状などにも、もう少し目を向け て欲しい。また前保守政権が作り出した移民申請 資格を満たすための数々の障壁について、その正当性が改めて評価されることを期待したい。

カナダ個人移民プログラムにおける語学力の証明

Q :今月は最近のカナダ移民法改正に伴って変更された、カナダ個人移民プログラムにおける語学力の証明について取り上げました。以下の記述のうち正しいものはどれでしょうか。

  1. カナダ経験クラス(CEC)から申請を計画するマーケティングマネジャーのAさん。IELTSのスコアは平均6.0(Reading 5.0、Speaking 7.0、Listening 6.0、Writing 6.0)だったので条件を満たしていると判断している。
  2. 雇用主のサポートを得て連邦スキルワーカー(FSW)として永住権を申請予定のBさん。IELTSのスコアは平均5.0だったが、永久雇用オファーのポイントを加算すると67ポイント以上になるので永住権取得は可能だと考えている。
  3. ワークパーミットが数カ月後に失効するCさんは、なるべく早く永住権を取得したいと考えている。必要とされるスコアにはまだ満たないが、とりあえずその未達スコアを添付して申請書を提出し、条件を満たし次第追加で提出する予定。

答え

現在の移民法においてカナダ個人移民プログラムにおける語学力の基準は、移民省大臣がいつでも自由に変更することができるので、申請予定者は常に正確な最新情報を把握しておくことが必要です。語学力の証明は現在IETLSまたはCELPIPのスコアのみが認められています。また、2011年4月以降は、例外を除いてワークパーミットの取得可能期間は合計4年間となっているため、永住権を取得して更に就労を続けたい場合は早めに目標スコアに向けた語学学習を開始することをお勧めします。

さて本題ですが、CECの語学力の基準は職種によって異なるので、まず自分の職種の合格点を確認することが必要です。マーケティングマネージャーの場合、今年の1月以降は平均6.0以上ではなく全てのスキルで一様に6.0以上を求められるようになりました。一度に全て満たさなくてはならないので以前より目標スコア取得まで時間がかかるケースが増えています。次に、FSWは5月以降申請書受付条件として全てのスキルで6.0以上を満たさなくてはならなくなり、たとえ永久雇用オファーを得てパスマークを満たしていたとしても、申請は直ちに却下されます。つまり、以前のように語学力を他のポイントで補うことができなくなりました。最後にCさんのように合格基準を満たしていないスコアを提出した場合も、従来と同様に直ちに却下されます。従って今月は正解なしとなります。