タグ別アーカイブ: カナダ

新政権下でカナダ移民政策は どう変わる!?

今月は自由党政権の掲げるカナダ移民政策について取り上げます。

カナダ連邦政府の移民・難民・市民権大臣に ジョン・マッカラム氏が就任した。マッカラム氏は 政治家になる前は複数の大学で経済学の教授を 務め、ロイヤルバンク・オブ・カナダ(RBC)のチー フエコノミストだった。住民の約 60%を中国系が 占めるマーカム・ユニオンビル選挙区の議員となっ てからは、同性婚の法制化に貢献。防衛省大臣 として過去に負傷した軍人への補償を拡大するな ど、人道主義的な政策に力を入れてきた。経済重 視一辺倒だった前政権に対する反動とマッカラム 氏の個人的信念が合致し、今後は難民問題やファ ミリークラスにフォーカスすると予想される。

マッカラム大臣の最優先事項は、選挙公約に掲 げた年内 25,000 人(その後の修正で年内 10,000 人、来年2月末までに 15,000 人)のシリア難民受 け入れ実現である。パリの同時多発テロ事件にお ける実行犯が難民に紛れて欧州入りした疑いが浮 上していることから、セキュリティの重要性が再認 識されている。政府は女性、子ども、家族を優先し、 独身男性の受け入れを当面見送るとしているが、そ れでも 25,000 人の安全チェックをたった数か月で行なうにはかなりのリソースが割かれることになるだろう。前保守党政権は、シリア国内でマイノリ ティであるキリスト教徒を優先的に受け入れる政 策を取っていたとされ、当時国会で非難されたが、 ある意味では理にかなっていたのかもしれない。

家族重視も自由党の掲げる政策の柱となってい る。ファミリークラスのプロセスタイム短縮、親・ 祖父母の受入れ数を倍増、Express   Entry(EE)に おいてカナダに兄弟姉妹を持つ申請者のポイント を追加加算、同伴できる子どもの年齢の再度引き 上げ、配偶者・パートナーの永住権取得後2年間 の同居要件撤廃などが優先実施事項として挙げ られている。しかしながら、プロセスタイムの削減 以外の政策は、国益を考えた場合に今ひとつ首を 傾げざるをえない。移民政策が再び政治の道具と して使われることがないように注視すべきだろう。

新政権は経済移民クラスについては多くを語 らない。不透明と批判される  EE  システム、オフィ サーの裁量権濫用が野放しとなっている Labor Market Impact Assessment、留学 生の移民への 道が容易でない現状などにも、もう少し目を向け て欲しい。また前保守政権が作り出した移民申請 資格を満たすための数々の障壁について、その正当性が改めて評価されることを期待したい。

カナダが直面する難民政策のジレンマ

今月は連邦総選挙の争点の一つともなっているカナダの難民政策について取り上げます。

トルコの海岸に打ち上げられた3歳の少年の遺体写真が世界中に流れ、ドイツを目指して欧州に押し寄せるシリア難民のニュースが連日報じられる中、シリア難民の問題がカナダ居住者にとって大きな関心事になりつつある。これに連邦総選挙のタイミングが重なり、これまでシリア難民受入れに消極的な姿勢をとっていたハーパー政権に対し、ここぞとばかりに野党が激しい批判を浴びせている。

カナダは第二次世界大戦中に、ナチスの恐怖から逃れるために渡航した900人のユダヤ人難民受け入れを拒否し、欧州に送り返したという不名誉な歴史があるが、それ以降は難民受入れに極めて寛大な措置をとってきた。旧ソ連の侵攻に起因するハンガリー動乱(1956年)では37,000人、チェコのプラハの春(1968年)では11,000人、更に、ベトナム戦争ではボートピープルとなった60,000人を受入れ、最近では1999年のコスボ紛争で2カ月の間に5,000人の難民を受け入れるなど、カナダは難民救済に力を注ぐ国として世界的にも認知されている。

しかしながら、カナダの難民政策はハーパー政権が単独政権となった2011年以降大きく転換した。偽の難民申請排除の名の下に、Designated countries of origin のリストが作られ、安全と考えられる国出身の難民申請者からは申請却下後の不服申し立ての権利が奪われた。さらに、難民申請者に対するヘルスケアサービスの適用も制限された(最近いずれも違憲であるとの裁判所の判決が出ている)。シリア難民受入れについては、スピードもその規模(年間2500人)も不十分であるとUNHCR(難民の保護と支援を行う国連機関)から指摘を受けていた。

今回の少年の事件がきっかけとなり、市民や野党の批難を受けて2016年9月までに10,000人を受け入れるためプロセスのスピードアップを図ると発表した(9月19日付)。しかし、カナダ経済を支えていた石油価格は下がり、カナダのGDPは2四半期続けて減少した。とりわけ政府がスポンサーとなって大量の難民を受け入れた場合に、これを経済的に支えていくためのコストはカナダ国民一人一人が負担しなければならない。このことを考えると単に受入れ数を競うキャンペーンに惑わされてはいけないと思う。

カナダ永住権維持のための居住日数

カナダ永住権維持のため気をつけたい居住日数

今月は永住権保有者のカナダ居住要件である“5年のうち2年(730日)”のカナダ居住日数の計算方法について取り上げます。

カナダ永住権取得後、永住権を維持するために5年のうち2年カナダに居住しなくてはならないという規定があるが、この5年とはどの期間のことを指すのか。また、カナダに実際には居住していなくても居住日数を計算できるのはどのような場合だろうか。

まず“5年”の定義であるが、カナダ永住権を取得してから5年以内の場合と、5年以上経過した場合ではオフィサーが注目する“5年”が異なることに注意しよう。前者の場合は、永住権保有者としての最初のカナダ入国(ランディング)の日以降の5年が問題になる。例えば、2011年9月1日にランディングし、その後1年間カナダに居住した後一旦日本に帰国、2015年8月25日にカナダに戻ってきたとする。このカナダ再入国の日から、ランディングから5年後にあたる2016年9月1日までは1年以上残っているので、カナダ入国の際にオフィサーから居住要件の審査を受けたとしても、永住権保有者としての入国を許可されると考えられる。

一方、永住権を取得してから5年以上を経過した場合はどうだろうか。例えば、PRカードを2010年4月1日に更新し、2年間カナダに居住した後、2012年4月1日に日本に一旦帰国。日本滞在中にPRカードが失効し、2015年9月1日にトラベルドキュメントを申請したとする。この場合、問題となる“5年”は、PRカード更新日からの5年間ではなく、トラベルドキュメント申請時から遡って5年前の2010年9月1日から2015年9月1日である。この間のカナダ居住期間は1年7カ月で2年に満たないため居住要件を満たしていないと判断されると考えられる。

最後にカナダに実際には居住していなくても居住しているとみなされる場合がある。1)カナダ人配偶者、コモンローパートナーに同伴してカナダ国外に居住していた期間、2)カナダ企業のフルタイム従業員としてカナダ国外に滞在していた期間、3)カナダ企業のフルタイムの従業員である永住権を保有する配偶者、コモンローパートナーに同伴してカナダ国外に滞在していた期間の3つのケースである。“カナダに不動産を有しパーマネントの住所を保持していた”などは、居住要件を満たしていることにならないので注意が必要だ。

学生ビザのQ&A

今月はスタディーパーミット(通称、学生ビザ)についてよくある質問について取り上げます。

【学生ビザがなくても学校に行けますか?】

6カ月以内に終了するプログラムで、かつ、カナダ入国の際に許可された滞在期間中に終了する場合は、学生ビザを免除されます。この条件を満たしていないケースとしては、例えば、ワーキングホリデービザが失効する2カ月前になってから4カ月のコースを新たに履修する場合です。つまり、履修するコースが最初に許可された1年の滞在期間中に終了しないので、滞在ステータス延長の際には6カ月以内のコースであっても、ビジターではなく学生ビザを申請する必要があります。また、6カ月以内のプログラムでもプログラムの一部にCo-opが含まれる場合は、学生ビザとCo-opの就労ビザが共に必要になります。

【学生ビザは国内申請できますか?】

ワーキングホリデービザや就労ビザ、学生ビザを保有してカナダに滞在中の場合は、カナダ国内のオフィス(アルバータ州Vegreville)で審査され、そのまま就学許可証を発行されます。一方、ビジターステータスで滞在中の場合は、昨年6月に設けられた例外を除いてカナダ国外オフィス(マニラまたはLA)で審査が行われ、Letter of Introductionを取得してからボーダーで学生ビザを発行してもらう必要があります。この例外というのはプライマリーあるいはセカンダリースクールに通う未成年と、指定教育機関(Designated Learning Institution、DLI)入学前にその入学許可の要件となっている短期コースを修了してこれから学生ビザを申請しようとする場合です。

【入学許可された学校を辞めて別の学校に通うことができますか?】

現在ポストセカンダリースクールに通う学生は、学校を変わる際に新ためて学生ビザを再申請する必要はありませんが、2014年6月1日以降に学生ビザを申請、取得した場合は、学校を変わるたびにCICのウェブサイトのMyCIC Accountから報告することを義務付けられています。また、短い期間のプログラムなどに変更した場合は、学生ビザの期間がまだ残っていてもプログラムが終了してから90日後にその学生ビザは失効することになっています。但し、このルールはまだ具体的に実施されていないようで、CICが現在開発中のポータル(DLIからCICに学生のアカデミックステータスを直接報告するシステム)が完成してから何らかの形で実施されると予想されます。

カナダ市民権法改正について

2015年6月11日付で施行される主な変更内容は以下の通りです。

  • 市民権申請にあたり成人の申請者は、申請日から遡って6年間のうち少なくとも1460日(4年間)、また暦年の4年間について毎年少なくとも183日カナダに居住していることが必要。
  • 14歳から64歳の申請者はカナダに関する基本知識と英語力を有していることが必要。
  • 1947年以前に生まれ1947年1月1日の最初のカナダ市民権法成立時に市民とならなかった”Lost Canadians”は自動的に市民権を与えられる。また、この時カナダ国外に在住し、その間に生まれた子供(第一世代)も対象となる。
  • 成人の申請者はカナダ市民権取得にあたり、カナダ居住し、所得税を納める意思があることを宣誓することが必要。
  • 虚偽申請を行った場合は、最高100,000ドルの罰金及び(または)最長5年間の懲役が科せられる。
  • Immigration Consultants of Canada Regulatory Council (ICCRC)のメンバー及び弁護士(パラリーガル、ロースクール学生)のみが市民権申請の有料代理人になれる。

カナダのPNP(州推薦プログラム)について

Q :今月はカナダ各州の運営するPNP(州推薦プログラム)について取り上げます。以下の記述のうち正しいものはどれでしょうか。

  1. オンタリオ州のPNPでは、州政府で審査中に雇用先を変えることになってもそのまま新しい雇用先で引き続き審査を続行してもらうことができる。
  2. アルバータ州でサーバーとして9カ月以上働き、雇用主から永久雇用オファーを取得できれば過去にサーバーとしての職歴がなくてもPNPを申請できる。
  3. マニトバ州にはたとえ雇用主のジョブオファーがなくても、スキルワーカーとしての職歴と州のポイントシステムで合格点を満たすことにより申請できるプログラムがある。

答え

カナダの各州政府は州の経済発展と労働市場のニーズを満たす人材を確保するために、独自の移民プログラムを持ち、連邦政府からの割り当てに基づいて移民希望者を推薦しています。近年このカテゴリーからの移民は増加傾向にありプログラム内容も多様化しています。また、スキルワーカーの個人移民プログラムで唯一IELTSのスコアが求められていない点もその人気の一因となっていると思われます。

さて、オンタリオ州はもともと移民希望者が多いためそれほどプログラムの開発に積極的ではありませんでしたが、現在のプログラムでは一定規模の売上を持つ企業は、そのフルタイム従業員数に応じて一定数のスキルワーカーを推薦することができます。あくまでも雇用者側の永久雇用オファーがあって初めて州政府から許可を受けるので、途中で雇用先を変えてしまった場合は無効となります。次にアルバータ州は好景気に沸いた2007年頃から急速にプログラムが拡大し、現在でもなおロースキルワーカーの特定の職種においては一定条件を満たすとPNPを申請できるようになっています。サーバー、キッチンヘルパー、カウンターアテンダントの場合は、アルバータ州での9カ月以上の職歴を含めてトータル3年間飲食業での職歴が必要とされます。マニトバ州には州内での6カ月以上の就労と雇用主からの長期雇用オファーによって申請できるものと、マニトバ州との結びつきを重視した独自のポイントシステムでパスマークを満たすと申請できる2つのプログラムがあります。従って今回の正解は3)になります。

カナダ個人移民プログラムにおける語学力の証明

Q :今月は最近のカナダ移民法改正に伴って変更された、カナダ個人移民プログラムにおける語学力の証明について取り上げました。以下の記述のうち正しいものはどれでしょうか。

  1. カナダ経験クラス(CEC)から申請を計画するマーケティングマネジャーのAさん。IELTSのスコアは平均6.0(Reading 5.0、Speaking 7.0、Listening 6.0、Writing 6.0)だったので条件を満たしていると判断している。
  2. 雇用主のサポートを得て連邦スキルワーカー(FSW)として永住権を申請予定のBさん。IELTSのスコアは平均5.0だったが、永久雇用オファーのポイントを加算すると67ポイント以上になるので永住権取得は可能だと考えている。
  3. ワークパーミットが数カ月後に失効するCさんは、なるべく早く永住権を取得したいと考えている。必要とされるスコアにはまだ満たないが、とりあえずその未達スコアを添付して申請書を提出し、条件を満たし次第追加で提出する予定。

答え

現在の移民法においてカナダ個人移民プログラムにおける語学力の基準は、移民省大臣がいつでも自由に変更することができるので、申請予定者は常に正確な最新情報を把握しておくことが必要です。語学力の証明は現在IETLSまたはCELPIPのスコアのみが認められています。また、2011年4月以降は、例外を除いてワークパーミットの取得可能期間は合計4年間となっているため、永住権を取得して更に就労を続けたい場合は早めに目標スコアに向けた語学学習を開始することをお勧めします。

さて本題ですが、CECの語学力の基準は職種によって異なるので、まず自分の職種の合格点を確認することが必要です。マーケティングマネージャーの場合、今年の1月以降は平均6.0以上ではなく全てのスキルで一様に6.0以上を求められるようになりました。一度に全て満たさなくてはならないので以前より目標スコア取得まで時間がかかるケースが増えています。次に、FSWは5月以降申請書受付条件として全てのスキルで6.0以上を満たさなくてはならなくなり、たとえ永久雇用オファーを得てパスマークを満たしていたとしても、申請は直ちに却下されます。つまり、以前のように語学力を他のポイントで補うことができなくなりました。最後にCさんのように合格基準を満たしていないスコアを提出した場合も、従来と同様に直ちに却下されます。従って今月は正解なしとなります。