タグ別アーカイブ: ケベック

ケベック投資移民プログラム再開

ケベック州移民局は投資移民プログラムの再開を近々発表する予定です。受付期間は2016年5月30日から2017年2月28日までとなる見込みです。最大受付数1900ケースのうち中国・香港以外の国籍者の割り当て数は570ケースとなっています。今回受付期間は長く設定されていますが、前回同様に再開後は短期間で最大受付数に達するものと予想されます。また、フランス語中級の上レベルの申請者は受付数に関わらずいつでも申請できます。申請要件についてはこちらをご覧ください。

ケベック州スキルワーカープログラム再開

10月29日付でケベック州スキルワーカープログラム(QSW)の受付再開が発表されました。

今回受理される申請書数の上限は6300ケースで、受付期間は2回に分けられます。1回目は郵送での受付(2015年11月4日から12月15日まで、3500ケース)、2回目は新しく導入されるオンライン申請(2016年1月18日から3月31日まで、2800ケース)により受け付けられます。

QSWからの申請にご興味のある方は、http://www.qlseeker.ca/permanent-residence/quebec/ をご覧ください。

ケベック投資家移民プログラムアップデート

ケベック州政府は次回の投資移民プログラムの概要を発表しました。

  • 申請受付期間は2015年8月31日~2016年1月29日
  • 申請書最大受付数(CAP)は1750ケース。中国、香港、マカオからは1200ケースが上限
  • フランス語中級の上レベル(High Intermediate B2)以上の申請者に対しては、このCAPが免除され、受付期間は2015年4月1日から2016年3月31日までとなり、この期間中優先審査が適用される。

申請要件はこれまでと同様です。詳しくはこちらをご覧ください。

2015年5月 東京・大阪個別面談会のお知らせ

東京・大阪にて下記要領で個別面談会を開催いたします。

今年1月から開始されたExpress Entryシステムにより、Labour Market Impact Assessment (LMIA)のない候補者は政府からの移民申請の招待を得ることが難しいこと、また、ワーキングホリデーやカレッジ卒業後のオープンワークパーミットを使ったカナダ経験クラス(CEC)からの申請も、高得点をマークするにはLMIAが必要になるなど、連邦政府のプログラムからのカナダ移民への道はさらに険しくなっています。また、昨今申請者の急増した州指名プログラム(PNP) はプロセスタイムの長期化が顕著となっています。

こうした中でケベック州は、当面は連邦政府のExpress Entryシステムを採用しないことを発表し、ケベック州に留学中の学生に対してのみ引き続きカナダ永住権取得のパスをオープンにしています。また、ケベックスキルワーカー(QSW)については、Area of Trainingのポイント変更に加え、プロセスタイムの長期化は否めませんが、ケベック経験クラス(PEQ)については申請から約1カ月で州からの認可が下りるという状況に変化はありません。

このケベック州に留学し指定の職業訓練校プログラムと一定レベルのフランス語コースを修了するだけでカナダ永住権取得が可能になる極めてユニークなケベック留学移民プログラムは引き続き注目を集めています。

当プログラムを通じてカナダ永住権を取得されたいとお考えの方は、是非この機会に一度お会いしてアドバイスをさせて頂ければと思っております。

また、今回よりオンタリオ州への親子留学やその他のカナダ留学・移住をお考えのお客様のご相談も承っております。

テーマ: ケベック州移民プログラムオンタリオ州への親子留学、その他のカナダへの留学・移住
日程: 2015年5月16 日(土)、17 日(日)
時間: 16 日(土)10:00 am – 4:00 pm(東京)
17 日(日)10:00 am – 4:00 pm(大阪)
会場: 新宿京王プラザホテル/ハイアットリージェンシー大阪
内容: 1)隠れたケベック州からの移民方法
2)オンタリオ州への親子留学に関するご相談
3)その他のカナダ留学・移民に関するご相談
参加資格: ケベック州移民プログラムにご興味をお持ちの方、または、オンタリオ州への親子留学に
関心のある方、または、その他カナダ留学・移住に関心のある方
費用: お一人様 80カナダドル(お支払いは予約確定時にクレジットカードで決済)
定員: 先着各5名様
トロント生活入門
アドバイザー:
Jun Tanaka トロント・ブログ「住んでみたら意外と地味な街なんですけど、好きですトロント!」
移民コンサルタント: カナダ連邦政府/ケベック州政府公認コンサルタント
亀谷裕行(ICCRC:#R507834)(ケベック州:#11489)

次回は9月を予定しております。

2015年ケベック州イミグレーションプラン

2015年ケベック州イミグレーションプラン

ケベック州移民局大臣からの発表によると2015年の移民受入れ数は2014年を僅かに下回る48500人から51500人の範囲となる見込み。エコミッククラスからは31500人から33500人、ファミリークラスからは11,800 人から 12,200人の範囲を予想しています。

一方、CSQの発行ベースでは2015年は37,500~43,200件を予定しており、2014年の見込み33,000件より増加する見込みです。

  • スキルワーカー(QSW, PEQ):28000~31000件
  • 企業家カテゴリー:6000~8000件
  • その他のエコノミッククラス:800~1000件

また、ケベック州でも連邦政府のExpress Entryと類似した申請書管理システムを検討中。

ケベック留学移民プログラムアップデート

PEQでプライオリティラインに並べるケベック移民

QSW プログラムは、2014年10月現在、CSQ取得に要する期間の長期化が顕著になっていますが、PEQの方はVocational Programを卒業し、申請から約1カ月という期間でCSQが発行されており、ケベック政府のPEQに対するプライオリティづけが以前よりもさらにクリアになっています。

また、PEQに関してのみ、今年の4月に発表されたケベック政府認定のフランス語プログラム (終了時はB2レベル達成) にパスすることでCSQ申請時に今まで必須になっていたフランス語公式テストのスコア提出が免除されます。

PEQとQSWのメリット&デメリット

メリット
デメリット
QSW
  • 最短8か月 (900時間以上) のVocational Programを受講しディプロマ (DEP) 取得すればポイント加算が可能
  • ポイント制のため、申請者のプロファイルによってはフランス語B2 に達しなくてもCSQゲットの可能性あり。
  • CSQ取得までのプロセスタイムが長くなっている。
  • フランス語のポイントが必要な場合は、フランス語公式テストのスコア提出が必須
  • CSQ申請後、面接に呼ばれる可能性が高く、面接官は申請者のフランス語力を必ずチェックするため、面接官のフランス語での質疑応答に全く対応できないとCSQを取得できない恐れがある
  • 配偶者がいる場合、配偶者も査定されるため、配偶者のポイントが低い場合は総合ポイントが下がり却下されてしまう可能性がある。
PEQ
  • ケベック移民審査官による面接無し
  • ケベック政府公式フランス語プログラムを卒業すれば、公式テストのスコア提出が免除される
  • Vocational Programの期間が長いため、3年のPGWPがゲットできる。
  • Vocational Programの受講期間が1800時間~と長いため、その分授業料もかかる。

◆Lester B. Pearson School Boardで受講できるPEQから申請可能Vocational Program

• Aesthetics (1350) + Electrolysis (450)
• Automobile Mechanics (1800)
• Computing Support (1800)
• Health Assistance & Nursing Care 1800)
• Installation & Repair of Telecommunications Equipment (1800)
• Interior Decorating and Display (1800)
• Professional Cooking (1470) + Market-Fresh Cuisine (525)
• Residential & Commercial Drafting (1800)
• Computer Science Techniques (2640)

◆お問い合わせ方法

QSW・PEQからカナダ永住権取得を希望される方はこちら にご自身のプロファイル情報を入力の上、送信してください。