タグ別アーカイブ: 移民申請マネジメントシステム

Express Entry開始で見えてきた問題点

今年1月からスタートした新しい移民申請マネジメントシステム、Express Entryをめぐる最近の状況をまとめてお伝えします。

画期的な移民申請管理システムとして鳴り物入りでスタートしたExpress Entry(EE)。2月15日時点で政府から移民申請のInvitationを得たのはまだ1558人にすぎず、今年エコノミッククラスとして受入れ予定の18万人(旧システムからの申請者やEEを使わない各州プログラムなどを含む)のうちまだ僅かであるが、問題点が次第に浮き彫りになりつつある。

まず従来のように最大受付数に達するまでに申請書を提出しなくてはいけないというプレッシャーがなくなった半面、プロファイルを政府に提出してもいつInvitationを得られるかの見通しが立てづらくなっている。最近行われたDraw(選定)では、ランキングシステムで818点以上の高得点を獲得しないとInvitationを得られなかったため、Labour Market Impact Assessment(LMIA)のあるワークーパーミット保有者(600ポイント以上獲得)ですら選定から漏れてしまっているケースが多数存在する。更にLMIAのないカレッジ卒業後のオープンワークパーミット(PGWP)保有者には一体いつなったらInvitationの順番が回ってくるのか。政府はLMIAを取得できれは有利になるなどと簡単にいうが、卒業したばかりで経験年数の浅い留学生がカナダ人や永住権保有者を差し置いてどうやってLMIAを取得できるというのか。卒業後1年就労すれば永住権を申請できるという政府の謳い文句を信じてカナダ留学を決意した留学生の中には、“騙された”という怒りの声が日増しに高まっている。

EEから申請するためには移民法で定められた連邦スキルワーカークラス(FSW)、カナダ経験クラス(CEC)、連邦スキルトレードプログラム(FSTP)のいずれかの要件を満たしていることが必要であるが、EEはこれに加えてMinisterial Instruction(MI)に従ってプログラミングされているようだ。例えばCECの要件の一つであるカナダでの1年以上の就労経験について、移民法には“継続”の言葉が入っていないが、最新のMIではこれを“継続”した経験と定義しているため、これに該当しない職歴はオンラインシステムが自動的に弾いてしまう事態が起こっている。大臣のインストラクション次第で簡単にランキングが変わってしまう“不透明”なシステムという実施前からの懸念がそのまま現実となった例だ。

ポジティブな点としてはプロセス期間の長期化が問題となっていた州指名プログラム(PNP) について、BC州などはEEと組み合わせた新しいプログラムを発表しており、連邦政府の要件を満たした申請者は優先的に審査されることだ。

今後EEに対してどのような政府によるパッチワークが行われるのか予想することは難しいが、今後の移民申請希望者は刻一刻と変わる状況や、MIを含めた最新情報をもとに自ら判断することが求められる。