タグ別アーカイブ: EEポイントシステム

移民申請の仕組みががらりと変わる、Express Entry 開始

今月は1月から始まった新しい移民申請システム、Express Entry(EE)について知っておくべき留意点について解説します。

昨年12月にExpress Entry(EE)についての概要が発表されたが、実際には未だ詳細が詰められていない点や実施が遅れる内容もあるようだ。とはいうものの今月第4週には最初の“Draw”が行われる予定なので、現時点でこのシステムからの申請にあたって少なくとも理解しておくべきポイントについて確認しておこう。

まず今回の改定は申請方法、申請者の選定方法の変更であって、申請要件そのものが変わるわけではない。EEから申請するためには連邦スキルワーカークラス、カナダ経験クラス、連邦スキルトレードプログラムのいずれかの要件を満たしていることが前提である。そのためステップ1のEEプロファイルを提出する前に、必要な語学スコア取得も含め、自己の申請クラスの要件を全て満たしていることが必要。この点を無視してフライングすると、Invitation to Apply(ITA)を取得した後のステップ2でその証明ができず先に進めなくなってしまう。

EEはポイントシステムであるが、何ポイントあれば合格というわけではなく、他の候補者との相対的な位置づけによってITA を発行されるかどうかが決まる。Labor Market Impact Assessment (LMIA)によって承認されたジョブオファー、または州政府からノミネートされると合計1200ポイントのうち600ポイントが与えられ、ITA発行がほぼ確実になる。しかしながら例えば、保有するワークパーミットがLMIAの承認によって取得したものでなくても諦めることはない。前述したようにLMIA取得者が少なければ相対的な位置づけが引き上げられてITAを発行される可能性が高まるからである。

プロセス期間であるが、CICのいう“半年以内にプロセスを完了する”というのは、ITAを発行されステップ2の申請完了後の期間のことである。従ってITAを待っている間やLMIAの承認を得るまでの期間は含まれていない。ただ政府からの正式な発表はないが昨年後半は申請者が殺到したと見られるため、既に申請を済ませた人でもケースによっては新システムで申請し直した方が結果的に早く永住権を取得できる場合もあるだろう。

最後に新システムへの移行がスムーズに行われることはあまり期待しない方がいい。CICの一時滞在許可証のオンライン申請が安定するのに1年以上を要した点や、LMIAのルール改定後、エージェントの不統一な回答が半年近く続いたようにルール変更に伴って過去に起こったカナダ政府の対応の杜撰さを考慮すれば、同様の混乱を覚悟する必要があるだろう。