タグ別アーカイブ: eTA

電子渡航認証(eTA)をめぐるトラブル

2016年3月15日以降、日本国籍者を含むビザ免除国出身者(カナダ永住権、市民権保有者を除く)が空路でカナダに渡航またはカナダを経由する場合には、eTAの申請が必要となった。実施前には想定していなかったカナダのパスポートを保有していない二重国籍者への対応など、様々な問題に対処するために2度猶予期間が設けられ、昨年11月10日より完全実施となっている。しかしながら、その後もマイナーなルール変更があったり、eTAに関するトラブルの報告が止まないため、今回は本テーマを取り上げることにした。

これまでeTAを申請したことのないカナダ在住のワークパーミット保有者がカナダ国内で延長申請を行い新たなワークパーミットを取得した場合、このワークパーミットだけでカナダに再入国することができるかどうか。このケースはこれまで別途eTAの申請が必要とされていたが、2017年5月1日以降は、ワークパーミット発行と同時にeTA発行を通知するEメールが送られてくるようになり、eTAを申請する必要がなくなった。しかしながら、それ以前に発行されたワークパーミットの保有者は依然eTAの申請が必要である。

eTA申請の際に気をつけなくてはいけない質問の一つに、“カナダまたは他の国の入国ビザや就学許可・就労許可の申請を却下されたこと、入国を拒否されたこと、出国命令を受けたことがあるか”というものがある。あまり深く考えずに“NO”と答えてしまい、虚偽申告の疑いを掛けられてしまった例がある。状況を説明して最終的には無事eTAは発行されたが、IRCCには過去のビザ、許可証の申請歴が全て記録されていること、虚偽申告は5年間のカナダ入国禁止に繋がるので注意が必要だ。

永住権発行のコンファメーション (CoPR)を有効化する手続きのためにカナダに再入国する場合、eTA取得が必要かどうか。IRCCのサイトには明確に不要と書かれているが、弊社のクライアントはNYのエアカナダのチェックインカウンターで搭乗を拒否され、何とカナダの領事館に相談するよう促されたという。最終的には無事搭乗を許可されランディング手続きも完了できたが、こうした予期しない事故に備えてIRCCのウェブサイトの該当箇所をその場で示すなど自己防衛も必要かもしれない。

何らかの理由でeTAが取得できず搭乗拒否されたときの最後の手段は、一旦カナダとUSの国境(バッファローなど)まで飛んで陸路からカナダに入国するという方法があるが、こうした無駄やストレスを避けるべく、渡航に際しては余裕を持って準備しておきたいものだ。

電子渡航認証(eTA)の導入について

2016年3月15日以降カナダ入国の際に義務付けられる電子渡航認証(eTA)についてQ&A形式で解説します。

Q:電子渡航認証(eTA)とは何ですか。

A:カナダ入国の際にビザを免除されている国の国籍を持つ渡航者(米国市民を除く)が、空路でカナダに渡航、またはカナダを経由する際に必要となる新しい入国要件です。米国で既に導入されている電子渡航認証システム(ESTA)に倣う形で、渡航前に外国人のセキュリティーチェックを行うために導入されることになりました。

QeTAが必要となる対象者について教えてください。

A:日本国籍者はこの“ビザが免除されている国”に該当しますので、カナダ永住権を保有していない限りカナダ渡航前にeTAを取得することが必要となります。また、子どもを含む全ての年齢の外国人が対象になります。

QeTAはいつから必要になりますか。

A:2016年3月15日以降はカナダ行きの飛行機に搭乗する際、またはカナダで飛行機を乗り換えて他国に向かう場合は、事前にeTAを取得しておくことが義務付けられます。しかしながら、eTA申請受付は2015年8月1日より既に開始されており、事前に入国のためのスクリーニングを済ませることで入国審査が効率よく行われるため、2016年3月15日より前の渡航であってもeTAを申請しておくことが推奨されています。

QeTAに有効期限はありますか。

A:一度発行されれば5年間またはパスポートの有効期限まで有効です。

Q:米国から車で国境を越えてカナダに入国する際も必要になりますか。

A:いいえ、陸路または船でカナダに渡航する場合は必要ありません。

Q:eTAの申請はどのように行いますか。

A:申請はオンラインのみとなっており、カナダ市民権・移民省(CIC)の当該ページで手続きを行うことができます。

申請の際にはパスポートとクレジットカード、Eメールアドレスが必要となります。発行手数料は7カナダドルです。オンライン申請フォームにパスポート情報を入力し、バックグラウンドに関する簡単な質問に回答します。

QeTA発行までどれくらいかかりますか。

A:通常は申請後数分で手続きが完了し、コンファメーションのEメールが自動的に送られてきます。承認されたeTAは申請の際に使われたパスポート情報に電子的にリンクされるので、コンファメーションを印刷する必要はありません。コンファメーションのEメールを受け取った後は、オンラインでeTAのステータスを確認することができます。

Q:コンファメーションのEメールがすぐに送られてこない場合はどうしたらよいですか。

A:手続きに時間を要するケースもありますが、72時間以内にはEメールを受け取れ、その後のステップを通知されます。72時間を経過してもEメールが届かない場合は、CICのウェブサイトからCase Specific Enquiry Formを使って問い合わせをしなくてはなりません。

Q:追加書類を求められた場合はどうしたらよいですか。

A:CICのウェブサイトでMy CICのアカウントを作成し追加書類をアップロードして送付します。

Q:eTA取得が義務化された後に、eTAを取得せずに空港に到着した場合、空港でeTAを申請・取得する方法はありますか。

A:インターネットにアクセスできるデバイス(携帯電話など)があれば、直前でもeTAの申請は可能です。

Q:就学許可証や就労許可証をカナダ国内で延長する場合、eTAも申請する必要はありますか。

A:2016年3月15日より前にカナダを出国、再入国する場合は不要です。3月15日、およびそれ以降にカナダを出国、再入国する場合はeTAが必要です。ただし、2015年8月1日以降に就学許可証、就労許可証が承認されている場合は、自動的にeTAの申請は完了しているため、新たなeTA申請は不要です。eTAが有効かどうかは念のためオンラインで確認してください。