タグ別アーカイブ: LMO

TFWP(外国人一時就労者プログラム)の改訂

6月20日付でTFWPの改訂が発表されました。以下が改訂のポイントです。

  • 飲食業界のモラトリアムは直ちに解除される。既に承認された有効期限内のLMO(Labor Market Opinion)を発行されている外国人は、ワークパーミットの申請が可能になる。また、既に提出済みでモラトリアムのために審査が停止されていたワークパーミット申請書も審査再開となる。
  • LMIA(Labour Market Impact Assessmentの略、旧LMO)の申請費用は申請する外国人就労者一人につき1000ドルに改訂される。
  • 10人以上の従業員を雇用する企業が、州の全職種の中央値賃金を下回る時給(Low Wage)で外国人を雇用する場合、申請できる外国人就労者の数が制限される。Low Wageの外国人就労者による労働力が現時点で全体の30%、2015年7月以降は20%、2016年7月以降は10%を超える場合は、新規のLMIAを申請することができない。この制限は職場ごとに適用され、全従業員の就労時間をベースに計算される。尚、この改訂はケベック州には適用されない。

Median Hourly Wages by Province/Territory

Province/Territory

Wage ($/hr)

Newfoundland and Labrador $ 20.19
Prince Edward Island $ 17.26
Nova Scotia $ 18.00
New Brunswick $ 17.79
Quebec $ 20.00
Ontario $ 21.00
Manitoba $ 19.00
Saskatchewan $ 21.63
Alberta $ 24.23
British Columbia $ 21.79
Yukon $ 27.93
Northwest Territories $ 32.53
Nunavut $ 29.96
  • 上記制限を超える割合でLow Wageの外国人就労者を雇用する職場において、現在就労中の外国人就労者は、保有するワークパーミットが満期となるまで継続して就労することは可能。
  • 失業率が6%以上の経済区域において、Accommodation, Food Services, Retail Trade sectorsの3つの業界における以下の職種のLMIAの申請は受け付けられない。

Food Counter Attendants, Kitchen Helpers and Related Occupations (NOC 6641)

Light Duty Cleaners (NOC 6661),Cashiers (NOC 6611)

Grocery Clerks and Store Shelf Stockers (NOC 6622)

Construction Trades Helpers and Labourers (NOC 7611)

Landscaping and Grounds Maintenance Labourers (NOC 8612)

Other Attendants in Accommodation and Travel (NOC 6672)

Janitors, Caretakers and Building Superintendents (NOC 6663)

Specialized Cleaners (NOC 6662)

Security Guards and Related Occupations (NOC 6651)

  • LMIAで取得できるワークパーミットの期間が現在の標準である2年間から1年間に短縮される。
  • 州の全職種の中間値賃金を上回る時給(High Wage)を外国人にオファーする場合は、カナダ人雇用に向けて更なる努力を示す“Transition Plan”の提出を義務付けられる。
  • 需要の高い職種(スキルトレード)、トップ10%の高報酬の職種、120日以下の短期就労の場合は、10営業日以内でLMIA審査を終了する。
  • 政府は毎年TFWPを利用する全雇用主の25%にInspection(査察)を行い、21の項目についてレビューを実施する。
  • 2014年秋より、TFWPのルールに違反した雇用主に対して最高$100,000の罰金が課される。
  • 季節農業労働者及びリブインケアギバーには一部の条件が免除される。

Post Graduation Work Permit (PGWP)保有者のワークパーミット延長がより困難に

6月5日付でEmployment and Social Development Canada (ESDC) よりPGWP 保有者のLMO (Labor Market Opinion)申請要件に関する変更が発表されました。

これまで、雇用主がPost Graduation Work Permit (PGWP)保有者のワークパーミット延長のためにLMO (Labor Market Opinion)を申請する際には、広告掲載、リクルート努力の証明が免除されていましたが、この免除規定が撤廃され、今後は一般のLMO申請と同様にリクルート活動を行い、カナダ人・永住権保有者に該当者がいないことの証明が必要になりました。

LMO一時停止に関する続報

5月2日(金)付けでESDC(Employment and Social Development Canada)より以下の発表がありました。

Q: 一時外国人労働者プログラム(TFWP)の一時停止措置は、現在既にカナダに居住する外国人労働者や、これから渡加しようとする外国人労働者に対してどのような影響があるのか?

A: フードサービス部門のLMOの下で発行された有効なワークパーミットを保有し、現在既にカナダで就労する外国人労働者は、現在のワークーパーミットの条件に従って就労を続けることができます。

CICからワークパーミット発行の許可を得ているが、まだカナダに入国していない一時外国人労働者も影響を受けません。カナダ入国の際に他に問題がなければワークパーミットを発行されます。

申請中のワークパーミットについてまだ結果の出ていない申請者は影響を受けます。LMOの効力停止前にワークパーミットを申請済みで、結果がまだ出ていない申請者に対しては、そのLMOに関する最終決定がなされるまでの間ワークパーミットの審査が保留になることを通知されます。

保有するLMOの効力が停止となった後に、カナダ国内外のイミグレーションオフィスや入国地 (空港、陸路ボーダー)で直接ワークパーミットを申請した場合は、そのLMOを元にワークパーミットを発行されません。

Q: この一時停止措置はどのような影響を与えるか?

A: ESDCは、フードサービス部門における全ての新規または審査待ちのLMO申請書を審査しなくなります。また、以前に承認されたLMOの未使用のポジション(Unused position)も効力が停止されます。

*未使用のポジションとは、そのLMOを元にワークパーミット発行をまだCICが許可していないポジションです。この一時停止措置はフードサービス部門の職種に適用されます。

*Unused PositionがLMOに名前の入っていないUnnamed Positionではなく、CICがワークパーミット発行を未だ許可していないポジションであることが、今回改めて明確にされました。

Q: この一時停止措置はどれくらいの期間続くのか。

A: この一時停止措置は、TFWP(外国人一時就労者プログラム)の見直しが完了するまで続きます。

Q: サービスカナダがLMO申請書の審査を終了していない場合、申請料275ドルはリファンドされるのか。

A: はい。275ドルの申請料を支払済みで、まだ LMOの審査結果の出ていない雇用主は申請料を払い戻されます。

Q: 季節農業労働者にも影響があるのか。

A: いいえ、この業界では深刻な労働力不足が証明されているので対象になりません。さらに、農業と食品加工業も影響を受けません。この一時停止措置はフードサービスのセクターにのみ適用されます。

Q: 今回の一時停止によって、現在フードサービス部門で有効なワークパーミットを保有して就労中の外国人労働者はどうなるのか。

A: 現在のワークパーミットに指定された条件で就労を続けることができます。

Q: フードサービス部門の既に承認されたLMOを使ってワークパーミットを申請したい場合はどうなるか。

A: 現時点では、このLMOを使ってワークパーミットを取得することはできません。効力停止となったLMOは、ワークパーミット申請のために有効ではありません。以前承認されたLMOで未使用のポジションは停止の対象となるので、雇用主はそのポジションを満たすことができなくなります。未使用のポジションとは、CICから未だワークパーミット発行を許可されていないポジションのことです。

CICによってワークパーミット発行を許可されていない場合は、効力の停止されたLMOを使って、入国地においてワークパーミットを申請することができません。現在新たなワークパーミット申請のための、フードサービス部門における全てのLMOの効力が停止されています。*効力停止前にCICからワークパーミットの発行を許可されていない場合は、入国地でワークパーミットを取得できません。

*移民局を通さずLMO取得後に直接空港申請する場合がこれに該当します。

Q: 現在カナダ国外に居住しフードサービス部門のワークパーミットを申請中、まだ移民局から回答を得ていない場合はどうなるのか。

A: TFWPの見直しが完了し一時停止措置が解除されるまで、 ワークパーミットの申請書は審査が停止されます。

CICからワークパーミット発行の許可を得ていない場合は、入国地でワークパーミットの申請を行うべきではありません。フードサービス部門の未使用のLMOは効力が停止しているため、既にCICから許可を得ている場合を除き、この一時停止措置が解除されるまで新たなワークパーミットは発行されません。

Q: 現在既にカナダで就労しており、LMOの一時停止措置前からフードサービス部門のLMOを元にワークパーミットの延長申請をしている場合はどうなるのか。

A: そのLMOの効力は(ワークパーミット審査時にもまだ)停止したままでしょう。したがって、ワークパーミットの延長申請についても、効力が一時停止したLMOに対してESDCによって最終決定がなされるまでの間、ワークパーミットの審査は保留となります。

現在保有するワークパーミットの有効期限内にワークパーミットの延長申請をしている場合は、保有するワークパーミットの有効期限が切れた後はインプライドステータスが適用されます。この場合、ワークパーミットの申請結果が出るまでの間、カナダ滞在を続け、現在のワークパーミットに記載された雇用主の下で就労を続けることができます。

Q: 現在カナダに居てフードサービス部門のLMOを元にしたワークパーミットを保有しているが近々満期を迎える。まだ延長申請をしていない場合はどうなるのか。

A: ワークーパーミット更新のためには有効なLMOが必要です。しかしながら、効力停止となったLMOではワークパーミットを更新することができません。これは入国地においても同様です。

この場合は、別のカテゴリーのワークパーミットを取得するか、他の合法的なステータスを確保するか、あるいは、現在のワークパーミットの有効期限が切れる際にカナダを出国しなければなりません。

情報ソース:http://www.edsc.gc.ca/eng/jobs/foreign_workers/lmo_ref/q_a.shtml

J.K. 飲食業界のみTFWP利用停止を即日施行

マクドナルドをはじめとするファーストフード店においてTFWP(一時外国人就労者プログラム)の悪用が発覚したのをきっかけに、2014年4月24日付で飲食業界におけるLMO(Labor Market Opinion)の一時利用停止が発表されました。停止処分が解かれるまでの間、飲食業からのLMO新規申請書は受けつけられず、現在審査中の申請書も審査が停止されることとなり、更に、発行済LMOのうち外国人就労者が特定されてないポジションについても同様の措置がとられます。停止期間がどのくらい続くは今のところ未定です。

政府からの発表:http://news.gc.ca/web/article-en.do?mthd=tp&crtr.page=1&nid=842269&crtr.tp1D=980

4月26日(土)付でさらにアップデートされた情報:

*LMO審査停止となる職種は、Food Services and Drinking Places における以下の職種が含まれると説明されています。

  • 6641 Food Counter Attendants, Kitchen Helpers and Related Occupations
  • 0631 Restaurant and Food Service Managers
  • 6212 Food Service Supervisors
  • 6453 Food and Beverage Servers
  • 6611 Cashiers
  • 6241 Chefs
  • 6242 Cooks
  • 6252 Bakers
  • 0611 Sales, Marketing and Advertising Managers
  • 0621 Retail Trade Manager
  • 0632 Accommodation Service Managers
  • 0651 Other Services Managers
  • 6211 Retail Trade Supervisors
  • 6213 Executive Housekeepers
  • 6214 Dry Cleaning and Laundry Supervisors
  • 6215 Cleaning Supervisors
  • 6216 Other Service Supervisors
  • 6221 Technical Sales Specialists – Wholesale Trade
  • 6251 Butchers, Meat Cutters and Fishmongers – Retail and Wholesale
  • 6411 Sales Representatives – Wholesale Trade (Non-Technical)
  • 6421 Retail Salespersons and Sales Clerks
  • 6451 Maîtres d’hôtel and Hosts/Hostesses
  • 6452 Bartenders
  • 6484 Other Personal Service Occupations
  • 6622 Grocery Clerks and Store Shelf Stockers
  • 6623 Other Elemental Sales Occupations
  • 6651 Security Guards and Related Occupations
  • 6661 Light Duty Cleaners
  • 6662 Specialized Cleaners
  • 6663 Janitors, Caretakers and Building Superintendents
  • 6681 Dry Cleaning and Laundry Occupations
  • 6682 Ironing, Pressing and Finishing Occupations
  • 6683 Other Elemental Service Occupations

*Food Services and Drinking Places
The subsector comprises establishments primarily engaged in preparing meals, snacks and beverages, to customer order, for immediate consumption on and off the premises. This subsector does not include food service activities that occur within establishments such as hotels, civic and social associations, amusement and recreation parks, and theatres. However, leased food-service locations in facilities such as hotels, shopping malls, airports and department stores are included. The industry groups within this subsector reflect the level and type of service provided. Exclusion(s): Establishments primarily engaged in: Preparing and/or delivering food for the needy (62421, Community Food Services)

政府からの発表:http://www.esdc.gc.ca/eng/jobs/foreign_workers/lmo_ref/index.shtml

LMO(Labour Market Opinion)申請についてのルール改訂

Q :今月は7月31日付で発表されたLMO(Labour Market Opinion)申請についてのルール改訂を取り上げます。以下のうち正しい記述はどれでしょうか。

  1. ワークパーミット申請前に雇用主が行う、LMO申請にはこれまで申請料はかからなかったが、これが有料化され、しかも申請するポジションごとに費用が徴収されることになった。しかし、申請を却下された場合はリファンドされる。
  2. 例外を除いて、カナダの公用語である英語、フランス語以外の言語能力を必須条件として申請することはできなくなり、例外を主張して申請した場合でも、オフィサーの裁量で却下されることがある。
  3. LMO申請前にこれまで最低2週間の広告掲載を求められていたが、ルール改訂後は最低4週間の掲載が必要になった。

答え

4月初旬にRBC(ロイヤルバンクオブカナダ)が社内IT部門の職員45人を解雇し、その業務をインドのIT企業に委託、トレーニングしてカナダで採用することについてカナダ政府がこれを許可したことが問題となりましたが、今回はこれを受けて外国人一時雇用プログラムをより厳格に運用するために、LMOの申請要件改訂が行われました。改訂内容の多くは雇用主がカナダ市民や永住権保有者を優先せずに、安易に外国人雇用しようとする動きを牽制する内容となっています。

これまでLMOの申請料は無料で雇用主に負担はありませんでしたが、今回の改訂でポジションごとに275ドルの申請料がかかります。例えばレストランで3人のクックを申請する場合は合計825ドルかかることになります。尚、却下された場合でもリファンドはありません。次に、これまでも英語、フランス語以外の言語能力を必須要件として外国人雇用を申請するためには、オフィサーを十分納得させる説明が必要でしたが、この点についてこれまでより審査が厳しくなることが改めて強調されています。最後に申請前のリクルート活動についてもカナダ市民、永住権保有者を雇用するための一層の努力が求められるようになり、4週間以上の広告掲載や広告内容の厳格な基準も盛り込まれています。したがって今回の正解は2)と3)になります。

今回の改訂によって申請までの準備期間が長くなること、ルール改訂に伴ってオフィサーが審査に時間をかけることも予想されるため、LMOの準備は早めに始められることをお勧めします。

外国人一時就労者プログラムの改定について(最終回)

[Calgary Walker 2011年3月15日号掲載]

前回は、来月1日から施行される移民法改正についてその改正のポイント、つまり、ジョブオファーの真実性(Genuineness)と雇用主のジョブオファーの遵守状況が厳しくチェックを受けることを説明しました。例えば、LMOで許可されたポジションと異なる仕事をさせていたり、LMOで許可された賃金や就労時間数を満たしていない場合は新しいLMOを取得したり更新することが今後極めて難しくなるだけでなく、その後2年間にわたって外国人一時雇用の凍結と、ウェブサイト上での企業名公開の制裁措置を受けることになります。今回はこうした事態を避け、引き続き必要な外国人就労者を確保するための秘訣についてとり上げたいと思います。

外国人就労者を確保するための秘訣

  1. 4月以降LMOを申請する場合は、まず現在雇用中の外国人就労者、特にLMOが必要なワークパーミット保有者の就労状況を確認し、LMOで許可された諸条件と現状が一致しているかどうかを調べることから始めることをお勧めします。具体的には条件の遵守がPayroll recordやT4などに反映されていることが必要です。
  2. LMO申請後にオフィサーから追加ドキュメントや追加情報の請求を受けた際に就労者に関する書類や記録を迅速に提出できるように保管しておくことが推奨されます。特にロースキルワーカーの場合は渡加費用など契約上広範に約束した条件に関する記録も全て残しておくことが必要です。
  3. リクルーターを使う場合はそのリクルーターが州に登録されていること、リクルーターが州の法律を遵守していることを確認することが必要です。例えばAB州ではリクルーターが就労者に対してそのリクルート費用を請求することが禁止されています。こうした契約や事実が発覚すると雇用主には何ら非がなくてもワークパーミットを取得できなくなる可能性があります。
  4. ワークパーミットで就労期間中に就労条件に変更が生じる場合、例えば昇進によるポジションや職務内容の変更、州をまたぐ就労場所の変更などは新たなLMOが必要となるため、それに向けて広告掲載など早めのアクションを取られることが必要になります。
  5. 最後に、今回の改正で外国人一時就労者の就労期間はこの4月以降最長計4年間になります。長期的に雇用したい人材についてはカナダでの就労期間をモニターし、早めに永住権取得を促すことも一つの方法です。制約の多い外国人一時雇用プログラムから解放されることは、ある程度雇用のフレキシビリティーを取り戻すことにつながります。

以上が現在考えられる対応策となります。今回の改正については実際に施行されてみてはじめてその変化を実感することになると思いますが、いずれにしても外国人一時雇用を今後も継続するにはこの新しい変化に対し積極的な対応をとることが必要になると考えられます。