カナダはグローバル人材を獲得できるか

大手商業不動産・投資会社のCBRE社が最近発表したレポートによると、トロントは2015年から2016年にかけてハイテク業界の成長が著しく、22,500もの新規雇用を創出し、北米50都市の中で最も高い伸び率だっという。トランプ政権成立後は、USにおける外国人就労者のビザ取得が厳しくなったこともあり、シリコンバレーからカナダに開発拠点を移すスタートアップ企業の記事や、ベンチャーキャピタルがこれを後押しする動きをマスコミも盛んに取り上げている。これをチャンスとばかりに、カナダ政府はハイテク業界に世界中から最も優秀な人材、いわゆるグローバルタレント獲得に向けて躍起になっているかに見える。

2017年6月12日にカナダ政府が発表した外国人雇用の新しいストリーム、Global Talent Streamでは、一定の要件を満たす企業は、Employment and Social Development Canada (ESDC)への申請に当たり、通常のLMIA申請に義務付けられているカナダ人雇用の積極的なリクルート活動の証明が免除され、政府から優先審査を受けることができる。プロセスタイムは10日間とされている。また、ESDCで承認された企業からジョブオファーを受けた外国人は、2週間でワークパーミットの審査が完了するという。これだけを聞くと人材不足が深刻といわれるカナダのハイテク業界にとっては朗報といえるだろう。

しかしながら、具体的な申請条件やプロセスを見ていくと、ことはそれほど単純ではない。ESDCにはLabour Market Benefits Planを提出し、カナダ人・永住権保有者の雇用促進やトレーニングを実施し、カナダの労働市場にポジティブな影響をもたらすように約束させられる。再申請の際には約束したことが実行されたかどうかが審査される。これは高賃金の外国人就労者を雇用する際に現在提出を義務付けられているTransition Planと大差がないだろう。プライベートセクターでの経験もないであろうサービスカナダのオフィサーを納得させ承認を得るために、また膨大な時間の浪費が予想される。

このストリームでは申請方法が2つあり、ESDCによって指定されたReferral Partnerから推薦を受けるカテゴリーAと、*指定職種のポジションで直接申請するカテゴリーBがある。カテゴリーAはカテゴリーBの職種に含まれていない、ビジネスの開発担当者が念頭におかれていると思われるが、対象となる外国人就労者はその業界での高度な知識と、高等教育、5年以上の経験を持ち、年収8万ドル以上のオファーが必要とされている。一方、カテゴリーBは、プログラマー、システムエンジニア、ウェブデベロッパー、ディジタルメディア・デザイナーなどが含まれているが、一部の職種ではやはり8万ドル以上の年収が必須となっている。

予算の限られるスモールビジネスや社内体制が確立していないスタートアップの会社が一挙に事業を立ち上げたり急成長しようとする際に、同時にカナダ人の雇用やトレーニングを約束させられたり、最低8万ドルもの賃金保証をさせられることが果たして現実的なのか。北米で成功しているアントレプレナーを見ると大学中退者、独学のプログラマーなど、高学歴者ではない場合が多いことをしばしば耳にする。政府の掲げるコンセプトは素晴らしくても申請要件が現実にそぐわなかったり、オペレーション段階で多くの面倒なプロセスが加わると、これまでも失敗に終わった政府主導のプログラムの多くと同様に、絵にかいた餅で終わってしまう可能性もある。

*カテゴリーBの指定職種:Computer and information systems managers, Computer engineers (except software engineers and designers), Information systems analysts and consultants, Database analysts and data administrators, Software engineers and designers, Computer programmers and interactive media developers, Web designers and developers, Electrical and electronics engineering technologists and technicians, Information systems testing technicians, Digital media designers