カナダの医療

qls_image30

カナダではヘルスケアは州政府の管轄となるため各州によって事情が異なりますが、ここではオンタリオ州での医療制度についてご紹介します。

オンタリオ州健康保険

オンタリオ州健康保険、OHIP(Ontario Health Insurance Plan)に加入することによって、歯科、眼科、整骨医、美容整形等を除く医療サービスの提供を無料で受けることができます。OHIPが適用される大半のサービスは他州でも同様に州の保険の適用対象となるため、オンタリオ州外で医療サービスを受けた場合もOHIPカードを提示することによって、後日オンタリオ州政府から当該州政府に対してその費用が補填されます。但し、ケベック州で医療サービスを受けた場合は、一旦個人で立て替えて払い、後日レシートをオンタリオ州政府に提出することが必要です。

加入条件は、1)市民、永住権保有者、または6カ月以上有効な就労ビザを保有する外国人就労者とその配偶者及び子供、2)オンタリオ州に1年のうち153日以上オンタリオ州に居住すること、3)居住開始直後の最初の6カ月は、153日以上オンタリオに居住すること、となっています。尚、OHIPカードはオンタリオ州居住開始3カ月後に取得することができます。

各種医療サービス

以下が、オンタリオ州で受けられる主な医療サービスです。

★ファミリードクター(General Practitioner)

いわゆる掛かりつけの医者(主治医)のことをいいます。主に定期健診、診察、薬の処方を行い、ファミリードクターを通じて専門病院での検査や専門医(皮膚科、産婦人科など)を紹介してもらいます。

★専門医(Specialist)

専門医はファミリードクターの紹介なしでは初診予約を受け付けていませんが、一度その専門医の患者となってからは直接の予約も可能になります。

★救急外来(Emergency Room)

平日の夜や土、日、祝日に緊急で医師にかかる必要がある場合は総合病院の救急外来で診療を受けることができます。救急外来ではまず看護師が症状を確認し、急を要する場合はそのまま医師に通され、急を要しない場合は待合室で名前が呼ばれるのを待つことになります。

★ウォークインクリニック

予約なしで受診可能、OHIPがあれば無料で診療を受けられます。

★薬

病院では薬はもらえず、医者から処方箋をもらって薬局で薬を購入します。原則としてOHIPは適用されませんが、シニア(65歳以上)には政府から一定の補助制度があります。

★無料電話医療相談

オンタリオ州政府は週7日、24時間電話での無料医療相談サービスを提供しています。症状を伝えると正看護師からアドバイスを得ることができます。Telehealth Ontario:1-866-797-0000

★歯科医

OHIPは適用されませんが、会社や団体でグループ保険に加入していれば治療内容によっては保険が適用されます。必要に応じて専門歯科医を紹介されます。また、カナダでは半年に一度定期検診、クリーニングを受けるのが一般的です。

★眼科

メガネやコンタクトレンズを購入するには処方箋が必要となるため、事前に眼科で検査を受けける必要があります。OHIPは適用されませんが、20歳以下または65歳以上では適用となります。

★予防接種

ファミリードクターまたは小児科医で受けることができます。就学前の児童はジフテリア、破傷風、脊髄性小児麻痺、おたふく風邪、風疹の予防接種が義務付けられており、学校入学の際には接種記録を提出しなければなりません。尚、インフルエンザの予防接種は誰でも無料で受けられます。長く厳しい冬に備えて、予防接種は欠かせないものとなっています。