カナダの不動産・住宅ローン

qls_image32

カナダの不動産・住宅ローン

住宅ローン

個人のライフスタイルや将来計画によってさまざまな組み方がある。借り入れの際の条件や金利だけではなく「返済のしやすさ」「フレキシブルさ」も考慮する必要がある。

プレアプルーバル

住宅ローンを組む際に事前審査が必要になる。事前審査に必要なものは

  1. 収入や頭金などの基本情報
  2. クレジットレポート(返済能力、支払い履歴、延滞の有無を参考にする)

以上の情報に基づいて返済負担比率(Debt Ratio)を計算し、どのくらい借り入れができるかを決定する。必要があればプレアプルーバルレターを発行してもらう。

審査

購入の際、仮契約書に大抵3日から5日のファイナンシャルコンディションが設定される。決められた期間内に住宅ローンの本審査を行い確実にローンが組めることを証明する必要がある。この時実際の契約期間、金利が決定される。

クロージングまでの流れ

審査がおりると受け渡し日(クロージング)までにAppraisal(不動産査定)をします。弁護士の手配をし、実際の受け渡しはそこで行われます。

頭金

不動産の購入にはまず頭金が必要であり、購入価格の何%の頭金にするかによって住宅ローンの組み方、条件に違いが出てくる。

頭金が20%(自営業の場合35%)以上の場合の住宅ローンをConventional Mortgage といい、金融機関が直接融資する。

頭金が20%(自営業の場合35%)以下の場合の住宅ローンをHigh Ratio Mortgage といい、保証会社が貸し手に対して連帯保証をすることになる。保証会社には CMHC (Canada Mortgage and Housing Corporation)、GE(Genworth)、Canada Guarantyの3つがある。保険料は頭金額や返済期間によって異なるので専門家に助言を得ることが勧められる。

* 5%(自営業は10%)の頭金から購入可能。

金利

大きく2種類の金利タイプがある。

Fix Rate(固定金利):契約期間内は金利が変わらないので安定した一律の返済額を保てる利点がある。

Variable Rate (金利変動型):プライムレートによって決まるので、金利変動のリスクがあるが解約時のペナルティーがFix Rate のときよりも低い場合がある利点もある。さらにいつでも固定レートにロックすることも可能。変動型と固定型金利を組み合わせることができる場合もある。

Open MortgageとClosed Mortgage

Open Mortgage とは、契約期間中にいつでもペナルティーなしで完済できる住宅ローンである。金利は高めになっているが、近い将来確実にローンを完済する予定がある場合や家の売却をお考えの方には適している。

Closed Mortgageとは、契約期間中に解約や完済をするとペナルティーがかかる住宅ローンのこと。6ヶ月から10年まで契約可能

Protection(住宅ローン保険)

大きく生命保険と傷害保険、5大疾患保険などがありますが、どこまでカバーされるか、別々に購入が可能かをそれぞれの金融機関で確認が必要。

その他

この他にも重要になってくるのは繰上返済がどれくらいできるかという点。歴史的に低い金利のこの時期を利用し、繰上返済をして元金にあてることで利息負担を軽減することができる。特に物件の価値が上昇するカナダでは、住宅ローンは投資として考えら、自分にあったプランを立て、活用することが勧められる。